外国で会社を興す|保育園の開業で待機児童問題を解消に導く!

保育園の開業で待機児童問題を解消に導く!

男の人

外国で会社を興す

ビル

インドネシアはこれからの発展が期待出来る国で、人件費や設備投資費用も安いので日本から進出を考える企業も多い事でしょう。販売をするのにも工場などを作るにも良い場所です。インドネシアで会社設立するのは色々なケースが考えられますが、業種によっては進出不可能だったり、規制を受けることがありますから下調べなどが必要です。これはネガティブリストと呼ばれるインドネシアの外資規制対象業種リストです。会社設立をするにはPMAと呼ばれる外資株式会社やPMDNと呼ばれる内資会社や利益の発生しない駐在員事務所を開設することになります。駐在員事務所は利益が発生しないため資本金などは必要ないですが、PMAとPMDNは資本金などの金額がかなり違います。

インドネシアの会社設立にはネガティブリストの調査から始まって、課税事業者番号の取得や資本金払い込み、会社登記や会社登録証の申請と取得など多くの手続きが必要で、時間にして半年位かかることが多いです。手続きだけでも大変な作業になりますから、会社設立をするには海外進出専門のサポートを行うコンサルティング会社などを通して手続きをするのが良いでしょう。インドネシアに特化したコンサルティング会社を選ぶのには信頼性の高さが重要ですから、長く営業していて実績数の多い所がお勧めです。会社設立後には会計や税務からビザ取得などのサポートもしている会社もありますから、利用の予定があれば業者の選択に加味すると良いでしょう。