保育園の開業で待機児童問題を解消に導く!

レディ

海外進出に向く立地

建物

香港では税金の優遇などを含めて、会社設立に適した環境が整っています。そのため香港に進出する企業は少なくなく、日本企業にもその傾向があります。会社設立においてはサポートを受けることで、手軽に海外進出ができるようになります。

もっと読む

社会問題にもなっている

園児と先生

需要はあるがリスクが高い

児童待機などが社会問題になっている現在において、保育ビジネスは、需要の高いビジネスになっています。しかし大手企業を中心に保育ビジネスに参入する企業は少なくなっています。この理由は保育ビジネスにおける法律などの影響によりビジネス上のリスクが高いとともに収益性があまり高くないことから参入の意味合いがないと感じている企業が多いためです。保育園を開業するには、都心の住宅街に建設する必要があります。土地の価格も高い中、保育士などの雇用問題や人件費など開業するにはリスクが高くなっているのです。しかし小規模の保育園であれば、このデメリットをメリットに変えることのできる可能性もあります。そのため企業内などの保育ビジネスを参考に開業を検討している企業もあります。

リスク限定を実施

認可があれば、国などから費用の援助を受けることも可能になります。しかし認可までの時間を要するとともに、確実性が薄いなど懸念材料もあります。一定の児童に対しての保育士の雇用も難しい問題です。保育園の規模を小さくすることで受け入れすることのできる児童数を少なくすることができ加えて保育士の数も限定させることが可能になります。開業する規模も小さくて済みますので、リスクも減ります。今後少子化により今は需要が大きい保育ビジネスも継続する可能性も危ぶまれるため、保育園の規模を小さくするリスク回避が最も経営上無難な策であるのです。しかし規模が小さいと収益性も小さくなるため、複数の保育園を展開するなどの工夫は必要になります。

外国で会社を興す

ビル

ネガティブリストに該当しない業種であることを、インドネシアで会社設立をするときにはチェックする必要があります。開設の手続きは煩雑ですからインドネシアへの進出にはコンサルティング会社のサポートを受けるのがお勧めです。

もっと読む

ラーメン店で独立の利点

ラーメン

ラーメン屋を開業するサラリーマンが多いのは、フランチャイズによる手軽な独立と、運営ノウハウが確立しているので利益を出しやすい環境にあることが理由です。さらに自由も高いことから、新たな商品開発を行えるのも人気の高さにつながっています。

もっと読む